Pointanytime(ポイントエニタイム)は比較的新しいポイントサイトですが,実際の評判などはどうなっているのでしょうか?登録する前にチェックしておくべき安全性などについて徹底調査してみたいと思います。

ポイントエニタイムの評判(4期) 詳細

換金しやすさ(最低交換額) 最低交換額は300円。ただし直接の交換先はドットマネー・Gポイントにしか交換できない(ドットマネーやGポイントからさらに好きなポイントに交換できます) 1円=1ポイント。
ラク度 ミニゲームやクリックポイントなどはない。
稼げる度 案件数や案件単価は良いとは言えない。
安全性 SSLはあり・プライバシーマークはなし
会社設立 平成21年8月28日
年齢制限 18歳未満は親の同意が必要
その他 キャンペーンは強いのでキャンペーンと併用した場合はお得

ポイントエニタイムはもともとはスマホでのポイントサイトでしたが最近はPCでも利用できます。

ポイントエニタイムの長所
  • 4ティア制度なので友達紹介がいい!(ただし期間限定です)
  • 最低交換額が安い(300円)
  • キャンペーン中はかなり好条件
ポイントエニタイムの短所
  • クリックポイントがない
  • 案件利用と友達紹介以外で稼ぐ方法はそれほど多くない
  • ミニゲームやクリックポイントで稼ぐのは不可能。

1ポイント=1円とわかりやすいです。 入会費・年会費といった費用はかかりません。無料です。

最低交換額・交換先

交換先

.moneyとGポイントの2つしかありません。どちらも300ポイント(300円)~100ポイント単位で交換できます。.moneyもGポイントもポイントをまとめるサイトです。他のポイントサイトでも交換先に.moneyやGポイントが設定されていることもあり,他ポイントサイトのポイントと合算して利用できます。ただ,もちろんGポイントなどの登録も必要になるので面倒さは増えてしまいます。

なおポイントエニタイム→.money,Gポイントの交換に手数料はかかりませんが,Gポイントからの交換には手数料がかかることが多いです。Gポイントで案件利用すれば一部手数料が返ってくることもあります。詳しくは下を参考にしてみてください。

ドットマネーからの交換には手数料がかかりません。

友達紹介について

特筆すべき点は友達紹介です。期間限定ですが,4ティアといって,AさんがBさんを紹介し,BさんがCさんを紹介し,CさんがDさんを紹介し,DさんがEさんを紹介したとします。この場合AさんはB,C,Dさんが案件利用してポイントを獲得するとAさんにもその一部が入ってきます。

具体的には

子(Bさん) 20%
孫(Cさん) 15%
ひ孫(Dさん) 10%

となっています。通常は2ティアで10%,つまりBさんが利用したら10%。C,D,Eさんの利用は対象外となっていますが,このキャンペーンは比較的長めに継続されているのでもうしばらくは大丈夫かと思います。気になるようなら登録するときに確認してみてください。

ただ,今までポイントサイトを紹介してきた私の経験からいうと孫以下はほぼできません。自分の実力で作った「子」だけで実質は十分です。

案件を5つ登録するだけで2000円分のポイントゲットキャンペーン

登録後48時間限定キャンペーンでスマホからしか表示されませんが対象広告を5件以上登録するだけで広告ポイント+ボーナス1000ptあわせて2000円分以上のポイントがゲットできます。しかも無料広告も対象なので0円でクリアできます。

対象広告を選ぶ際,【PR】から始まる広告は対象外であることに注意しましょう。かなりたくさん紛れ込んでいます。よく見て選びましょう。

広告を5件以上登録した後「ボーナス獲得ページへ」をおすことを忘れないようにしましょう!

総合評価

キャンペーンがあるときに登録し,キャンペーンの条件を満たす程度に案件を利用するのが最適でしょう。通常利用はあまりオススメではありません。あまり長期利用は考えず,短期でたくさんポイントゲットしてすぐに換金しちゃいましょう。

評価B

2022年1月末までなら登録するだけで100ポイントもらえるキャンペーン付きです!

ポイントエニタイムへの無料会員登録は下のバナーからできます。
“いつでもどこでも”ポイントが貯まる!Point anytime


私が2022年に最もオススメしているポイントサイトはモッピーです。
コンテンツが豊富でいろいろな方法で稼げるというだけでなく、最低交換額が300円(一部の交換先は100円~)となっていて換金のしやすさが特徴です。ログイン・アンケート・アプリインストール・ショッピングなどあらゆる行動でポイントがたまっていきます。
コツコツ派の人もガッツリ派の人もポイ活を利用するならまずはココという感じですね。