FX口座「SBI FXトレード」の開設方法

  • はてなブックマークに追加
FX口座開設は高額案件です!

ポイントサイトの中で高額案件となるのはやはりクレジットカード作成FXの口座開設です。クレジットカードは少し難しいところはありますがFXの口座開設は比較的簡単です。そこでSBI FXトレードの解説方法を調べておきましょう。他の証券会社でも対応できるように解説します。


できるだけ高額ポイントがもらえるポイントサイトをさがす!

基本はモッピーでいいでしょう。いろいろなサイトに登録している方は主要なサイト(メインで使っているサイト)を比較してもいいです。この辺りは結構慎重にしましょう。1000円ぐらいは誤差があっても普通ですのでこのひと手間で1000円程度増額させることも可能です。

ポイント獲得条件などをチェック

口コミ・ポイント数・ポイント獲得までの日数・ポイント獲得条件を必ずチェックしましょう。特にポイント獲得条件を見ると

○万円以上の入金・○通貨以上の取り引き

などとあります。これはどういうことでしょうか?

入金はとりあえずそのお金を用意して入金するだけです。案件が終われば引き出せばOKなのでこの部分は大した問題ではないです。

○通貨以上の取引・・・例えばドルだと○ドルの取引がいります。1000通貨をドルで取引するなら結構大金を動かすことになるでしょう。ここは少な目がいいです。またドル以外でも可能であれば安いものでもいいでしょう。

SBI FXトレードの場合1通貨でOKです。100円強ぐらいの取り引きなので最悪の事態が起きても100円の損失です。普通は10%も変動しないでしょうから10円程度しか損はしないと考えてもいいでしょう。もちろん得をするときも少額です。

実際に開設してみよう

ポイントサイトを経由します。使うポイントサイトにもよりますが,「ポイントGET」ボタンなどがあるのでそれをクリックします。

口座開設はこちらをクリックします(以下SBI FXトレードとします)

確認事項をチェックして確認しましたの欄にチェックを入れたりするページです。ここは問題なく進めるでしょう。

外国PEPsに関する確認です。一応中身は確認してください。普通は「いいえ」でしょう。

運用資金」に関する確認。これも中身は確認しましょう。普通は「はい」でしょう

お申し込みのサービスに関する確認は「FX取引口座」を選択します。

 

口座開設入力フォーム

ここに情報を記入します。投資目的・申込経緯・投資経験などはなるべく近いものを選びます。なお,すぐにFXの取り引きをやめる目的ならば短期運用を選択するのが一般的でしょう。

入力内容を確認すると次は本人確認書類をアップロードします。

マイナンバー個人番号カード/個人番号付き住民票/通知カードのどれかをアップロードします。個人番号カードならこれで終わりですが,他の場合本人確認書類をします。必要な書類の撮影を行いアップロードします。

これで口座開設の審査が行われます。「口座開設完了のお知らせ」という書類が届きますのでこれでとりあえずは開設完了です。


ここでしばらく時間があきます(書類が届くまで少し時間がかかるので)ポイント獲得には入金+取引も行う必要があります。忘れずに行いましょう。







2017年07月26日