ちょびリッチは最近急成長しているポイントサイトで,少し前まではあまり高評価していませんでしたが最近になって良さが出ているサイトです。再調査してみました。

スポンサーリンク

ちょびリッチ。!!

ちょびリッチの評判(第4期) 詳細

換金しやすさ(最低交換額) 500円(1000pts)
ラク度 毎日1回バナークリックで1ポイントもらえたり
ミニゲーム・アンケートでの稼げるポイント数は多い!
何もしなくてもポイントが当選することも!
稼げる度 案件数は多く,還元率も非常によい
安全性 SSLあり。プライバシーマークなし。
会社設立 2004年
家族登録 可能。友達紹介が欲しいならIPアドレスと端末を変える必要あり
年齢制限 満12歳以上。保護者の同意があっても12歳の誕生日までは不可
その他 2ptsで1円。時間をかければどんどん稼げる。また、「お仕事でためる」コーナーが魅力。

ちょびリッチは珍しく2ポイント1円のサイトです。3ポイントのアンケートは細かい金額をうまく表しているのではないかと思います。少し前までは一般的にポイントサイトの中のミニゲームが人気コンテンツでしたが最近はほとんど廃れています。その中でちょびリッチは昔から独特なミニゲームが多く、いまだにミニゲームで稼ぐ手段が生き残っている数少ないサイトの1つです。

ちょびリッチの稼ぎ方・攻略法

ミニゲームで稼ぐ

あまり他のサイトでは見かけないものが多いと思うので名前からは想像がつきにくいかもしれません。2020年12月時点で以下のミニゲームが遊べます。特にUFOハンターは5分もしないうちにポイントがたまっていきます。

ミニゲーム一覧

特選サイトバナーをクリックするだけで毎日1ポイント!(超オススメ)

トップページの右サイドバーに「毎日チャレンジ!ラクラクポイントゲット」という項目があり,その中に「特選サイトバナー」というのがあります。そのページにあるバナーをクリックするだけで1ポイントが毎日もらえます。クリックポイントはなかなか貴重な収入源で,コツコツ派の人にとっては重要な要素ですね。

アンケートで稼ぐ

ちょびリッチのアンケートは単価が良く,6ポイント級のアンケートがあります。数は多くないので,登場したらすぐに獲得しちゃいましょう!

スポンサーリンク

勝手に1000ポイントが当選する

今日のちょ日新聞というコンテンツでは毎日20人に1000~10ポイントが当選。1000ポイントの当選も5人以上います。この抽選対象は全会員で,特に手続きしなくても抽選対象になります。つまり登録すれば勝手に1000ポイントが当選するかも?ということになっています。なお当選した日に受け取りしないとキャリーオーバーとなってしまいます。そうなれば最大で20万ポイントあたるかも!?(実際に見たところ現実的には3000~10000ポイントぐらいにしかキャリーオーバーになりませんが…)

他のポイントサイトでは見られないかなり強力なコンテンツですね。

無料会員登録やショッピングでも貯まります

ポイントはかなり高めで案件数も豊富です。カードや口座開設などでガッツリ稼ぐことも可能で,この場合の還元率も非常に良いです。これをメインのポイントサイトにしても問題ないレベルとなっています。

友達紹介

友達1人紹介で500ポイントが紹介した人・紹介された人の両方にもらえ、さらに友達が稼いだポイントの40%が還元されます!ただし登録した月の翌月までに1ポイント以上獲得する必要があります。

まとめ

ちょびリッチは独特なコンテンツが多いのでポイントサイトに飽きてきた人・どこのサイトも同じだなぁと思ってる人には1度登録してみるといいと思います。優秀なコンテンツが終了に追い込まれたとしても独自コンテンツは強く,リスクの分散としてもっておくとかなり強くなります。稼ぎ方としてはコツコツ派の人はログイン・ミニゲーム・アンケートなど幅広く稼ぐことができ,ガッツリ派の人にとっても十分使える内容となっています。最低交換額が500円相当なのが少し大変ですがそれ以外は申し分ないでしょう。Sランクだと思います。下のバナーからの登録で500ポイントもらえますが登録ポイントが欲しいのなら登録後1ポイント獲得するのを忘れずに!!

評価S


ちょびリッチへの無料会員登録は下のバナーからできます。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

私が2021年に最もオススメしているポイントサイトはモッピーです。
コンテンツが豊富でいろいろな方法で稼げるというだけでなく、最低交換額が300円(一部の交換先は100円~)となっていて換金のしやすさが特徴です。ログイン・アンケート・アプリインストール・ショッピングなどあらゆる行動でポイントがたまっていきます。
コツコツ派の人もガッツリ派の人もポイ活を利用するならまずはココという感じですね。